同じコーヒー豆を東北の直焙煎店10店が焙煎 〜SATY HOME COFFEE ACTION〜 | coffee roastery & cafe fua

2020/05/15 10:00

新型コロナウイルス対策の非常事態宣言。東北地方は解除されました。しかし感染の猛威が去ったわけではありません。しばらくの辛抱が必要です。ステイホーム! 東北の”コーヒーシーン”を応援するコーヒーフェローズでは5月15日から1カ月間、STAY HOME COFFEE ACTION を開催します。


期間中、参加店舗のオンラインストアでタンザニアのカロンゲ農園の豆をご購入の上、instagram か Twitter で

商品の画像に #ステイホームコーヒーアクション

のハッシュタグをつけて投稿をお願いします。

抽選で3人の方に COFFEE FELLOWSオリジナルTシャツをプレゼントします。

カロンゲはタンザニア南部ソングウェ州ンボジ県ンロウェ村に位置する標高1,570mの農園。経営者のアダム・カロンゲさんが家族と共に2005年にスタート。1台の車を購入するところから始め、今では98haの土地で88万本のコーヒーの木を育てています。

今回の豆はブルボンのフリーウォッシュド。アフリカンベッドの上で12〜14日間かけて乾燥しました。

cafe fua のBASEショップはこちら